エヴァウォーターのアウトドア利用法について

エヴァウォーターのアウトドア利用法について

アウトドアこそ、エヴァウォーターを使用して頂きたいです。

今回の記事では、アウトドアで非常に役立つエヴァウォーターの活用方法について詳しく紹介しております。ぜひご一読ください。

 

エヴァウォーターとは?

エヴァウォーターは、人や動物、環境に配慮した次亜塩素酸水で、日本の水道水質基準(水道法51項目)を50mg/Lでクリアし、水道法26項目も100mg/L、300mg/L、600mg/Lでクリアしております。このような安全性を誇りながら、数多くの有効性を証明している優れた除菌消臭水です。

エヴァウォーター製品紹介ページこちらをクリック

 

アルコールを使用されている方へ

・昨今、バーベキュー中にアルコール消毒剤の引火による火災事故が発生しています。アルコールは引火性があるため、アウトドアで使用することはお勧めできません。

 

・食中毒として最も慎重に注意すべきノロウイルスですが、アルコールの効果はほとんど期待できませんので、エヴァウォーターの利用をおすすめいたします。

 

夏のレジャーで気を付けたい食中毒対策・消臭対策7選!

 

手洗いが出来ないときの食中毒対策

アウトドアでは、土や動物、草木に触れる機会が多くあります。そのため、調理や食事をする前に、こまめに手洗いを行うことが鉄則です。しかし、手洗いが難しい場面もあるかと思います。そんな時には、エヴァウォーターを持ち歩くと非常に便利です。調理や食事の前にエヴァウォーターを使って除菌することで、食中毒の予防になります。

 

 

 

生鮮食品を収納するクーラーボックスの細菌繁殖予防

生鮮食品のクーラーボックスには、生鮮食品のニオイや湿気が高くなり、それによって細菌が繁殖しやすくなります。そのため、内部にエヴァウォーターをスプレーしたり、カビが生えやすいゴムパッキンにも注意深く対処してください。特に使用後に、エヴァウォーターで徹底的に除菌することで、カビのリスクを軽減できますのでお勧めします。

 

 

 

テーブルの汚れ拭き

アウトドアでの食事では、テーブルに満遍なくエヴァウォーターを吹きかけ、その後、タオルで拭き取ってください。これにより、汚れを除去し除菌することが出来ます。

 

 

 

調理器具を除菌して食中毒対策

調理器具、食器、まな板、シンクなどには、エヴァウォーターをしっかりと吹きかけて除菌することをお勧めします。特に、食中毒菌が繁殖しやすい箇所ですので、ご注意ください。調理器具などを十分に洗えない環境もあると思われますので、エヴァウォーターを持ち運んでおくと便利です。

 

 

 

虫や菌が湧かないようにゴミ袋の除菌消臭

ゴミ袋を放置してしまうと、臭いが一層ひどくなり、虫が寄ってくることもあるため、エヴァウォーターを使用してゴミ袋にスプレーしたり、生ものが入っていたパック(例:肉や魚など)に吹きかけることで、清潔な状態を保ちつつ、アウトドアを楽しむことができます。

 

 

 

 

細菌の繁殖しやすいタオル、布類の除菌消臭

キッチン周りに使用するタオルや布類は非常に細菌が繁殖しやすいので、水洗いだけでなくエヴァウォーターを多めに吹きかけてください。

 

 

 

快適に過ごすためにテント内や寝具の除菌消臭

寝具は、汗や皮脂がつきやすく、臭いが発生しやすいため、消臭を行ってください。
また、汗や皮脂のある場所には細菌が繁殖しやすいため、除菌が非常に重要です。
衛生面を怠ってしまうと、ダニやカビなどが発生する可能性もあるため、除菌消臭をお勧めします。
さらに、テント内全体に数回スプレーすることで、快適なテントライフを満喫できるので、ぜひお試しください。

 

 

 

 

まとめ

エヴァウォーターを保管する際は、直射日光の当たらない涼しい場所で保管していただくようお願い申し上げます。バッグやクーラーボックスの中に保管することをおすすめします。

しかし、エヴァウォーターは40℃の環境下でも半年間品質が安定することが確認されており、アウトドアでのご利用に最適です。ぜひお試しください。

 

エヴァウォーターはオンラインショップからお買い求めいただけます。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

 

オンラインショップ

© 2021 parks-japan.com